パレートの法則


パレートの法則とは、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート(1848-1923)が発見した法則であり、経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論です。パレートの法則以外にも、80:20の法則、ばらつきの法則などとも呼ばれます。

パレートの法則は、「働きアリの法則」と同じ意味で話に持ち出されることも多いです。

組織全体の2割程が大部分の利益を生み出しており、そしてその2割が居なくなると、その残り8割の中の2割がまた大部分の利益を生み出すというものです。

ビジネスの世界においてパレートの法則は以下のような際に使われています。

・企業の売上の8割は、全従業員のうちの2割の従業員で生み出している

・仕事のアウトプットの8割は、費やした時間の内2割の時間で生み出している

・製品故障の8割は、用いられている部品の内2割に原因がある

 

このパレート法則は、コンサルティングファームでは「資源の最適配置」を考える上で非常に有効であると考えられています。よって仮設を構築する際にどのように「ヒト・モノ・カネ」を配分するかを検討する際に重要な指針となり得ます。

具体的にビジネスの世界で用いる場合としては、以下のように考える事が出来ます。

先の「製品故障の8割は、用いられている部品の内2割に原因がある」を例として考えていきましょう。

パレートの法則に則って考えると、故障の原因である2割を探す必要があるという仮説を立てます。そして、その2割がどの部品なのか等について追加の仮設を構築できます。こういった通り、パレートの法則に基づいて仮設構築・検証を繰り返していくことで、故障の減少に繋げられる、という訳です。

パレートの法則に当てはまる事象は経済活動に限らず世の中にとても多く存在しています。ご自身でも何かないか、探してみても面白いかもしれませんね。

より詳細にお聞きになりたい方は【1分】で登録可能ですので、
是非以下のフォームからご相談下さい。