プロジェクトで求められる英語力


コンサルファームにおいて、英語は社内で使用するだけでなく、プロジェクトによっても使用頻度は変化していきます。社内では日本語のみの使用であっても英語力がある方であればほぼ英語のプロジェクトにアサインされるといったことも珍しくありません。

具体例としては以下のようなプロジェクトの場合英語を使用する事があります。

・海外でのプロジェクトにアサインされた

・プロジェクトに必要なデータや資料が英語で存在している

・英語しか出来ない方がプロジェクトにアサインされた

・クライアントが外資系の企業等で、英語での報告を求められた

多くの方が認識していらっしゃる事ではあるかと思いますが、海外にオフィス(特に本社)があるファームの方が英語力を求められる事は間違いありません。先に記載した通りですが、海外にオフィスがあるファームで、かつナレッジの共有に力を入れているファームであればそのナレッジは英語で保管されている事が多いです。そういったナレッジにアプローチするのに当たり前ですが英語力が必要になります。

しかし、ナレッジの共有がそこまで行われていないファームであれば日本で組成したプロジェクトであってそのプロジェクトに必要なナレッジを持つ海外オフィス在籍のコンサルタントをチームメンバーとしてアサインする事が多くなります。

より詳細にお聞きになりたい方は【1分】で登録可能ですので、
是非以下のフォームからご相談下さい。