英語は手段であって目的ではない


英語力に関して、認識しておいて頂きたい事の一つは「英語は手段の一つでしかない」ということです。世間的にも良く「手段の目的化」といった言葉をよく耳にしますが、当然コンサルティングファームでも同様です。英語が堪能だったとしても自身の職責・役割に応じたパフォーマンスを発揮出来なければ全く意味がありません。

日本の独立性が高い(規模が大きい)ファームですと、昇進要件としてTOEICのスコアを設定している場合があります。逆に独立性が高くないと、そういったTOEICのスコア等の基準は設けていない場合が殆どです。それらはTOEICのスコアのような英語力が必要では無いということではなく、プロジェクトで使える前提という事です。

しかし日系・外資、そして日本ファームの独立性の高低に関わらず、パートナーを目指すのであれば英語力は必須と考えてよいでしょう。

より詳細にお聞きになりたい方は【1分】で登録可能ですので、
是非以下のフォームからご相談下さい。
業界に精通したコンサルタントがサポートさせて頂きます。