ファーム概要

“Fact-base(事実に立脚する)”、”Analytical approach(分析的アプローチ)”という概念、および科学的かつ論理的な問題解決の方法論を、経営コンサルティングの世界で初めて明確な形で確立したファーム。

現在は世界60カ国、105拠点に9,000人以上のスタッフが在籍しています。

 

コンサルティング案件の領域

戦略・業務案件が8割を占めており、入社すればほぼ必ず経験する事になります。

IT領域の案件は2割程度ありますが、開発等の所謂下流フェーズ案件はなく、IT戦略策定などの上流フェーズが大半を占めます。

 

クライアントについて

基本的には日本国内の各業界Top5に入るような大企業のみにサービスを提供しています。

国内企業の支援が中心であり、海外案件の案件は多くはありません。

また、1ヶ月あたりのコンサルティングフィーが3,500万円~4,000万円と高額であるため、多くの場合役員クラスの方と相対することになります。

 

コンサルティングスタイル

クライアントの役員とコンサルファームのパートナー職の信頼関係の元、クライアントとコミュニケーションをとりながら進めていきます。

ワンファームという経営方針を取っており、海外支社のエキスパートに知見を求めることも多です。また、ファクトに基づいたフレームワークベースのコンサルティングが多い傾向にあります。彼等は「どうあるべきか」というスタイルを大切にしており、イシューツリーを用いてファクトに基づきイシュー(論点を分解し、ボトルネックを特定した上で彼等が今まで生み出した理論や蓄積されたナレッジのどれに当てはまるかを考えていくスタイルが特徴になります。

 

コンサルタントの働き方

案件により様々ではありますが、他の戦略ファームと同様退社時間は午後10時から午前2時が通常となります。

若手であれば土日出勤は多くはありません。ただし、炎上案件に入ってしまった場合は土日もフル稼働となる覚悟は必要となるでしょう。

また、プロジェクトとプロジェクトの合間には休暇を取れることが多いです。

 

年収水準

最初の1~2年は600~800万円となりますが、基本的には勤続4年程度でジュニアアソシエイトに昇進し、ベースで1,100万円程になります。

アソシエイト(以下に掲載している表参照)以上の昇進は実力によって大きくタイミングが異なりますが、上位20%は中期的には2,000万円以上の年収を手にすることになります。

 

 
パートナー 5,000万円~
マネージャー 2,000万円~4,000万円
アソシエイト 1,200万円~1,800万円
ジュニアアソシエイト 800万円~1,100万円
ビジネスアナリスト 600万円~800万円

 

福利厚生

コンサル業界に共通していますが、日系企業に比べると福利厚生は無いと思って頂いた方が良いでしょう。

留学制度や社内に図書館がありますので、そういった社内制度は充実しています。

評価制度

入社後、1年半でジュニアアソシエイトに基本的には自動昇進しますが、次のアソシエイト(アナリスト)への昇進が最初の分岐点となります。

360度フィードバックという制度が運用されており、完全な実力主義での評価となります。透明度が高く、公平性が高い事も特徴の一つとして挙げられます。

フィードバックの基本は強みを指摘して伸ばすスタイルを取っており、コンサルタントとして成長する為に必要な要素を都度指摘される為、成長実感を感じられる方が多い印象です。

 

企業文化と社員の傾向

グローバル色が強く、個性的なコンサルタントが多い印象です。バックグラウンドも様々な方が多く、そういった点に関してもお互いに尊重し合い相乗効果を発揮しているファームです。

フィードバックの方針でも記載しましたが、基本的には強みを伸ばすスタイルを取っている為、居心地が良いと仰るアルムナイ(マッキンゼー卒業生)も多いです。

 

主な転職先

外資系金融機関に転職される方を始めとして、外資系企業への転職が多い印象です。転職先の業界も様々で政治の世界に転身する方も珍しくありません。

 
大手事業会社 25%
ベンチャー企業 20%
他コンサルファーム 10%
ファンド・VC 15%
起業 15%
その他(MBA等) 15%

 

選考フローと対策ポイント

ケース面接は資料提示型で、かつ英語で行われる為、対策を入念に行う必要があります。

弊社ではコンサル出身者による無料ケース対策を実施しておりますので、以下の相談フォームから是非ご相談下さい。