業務で使用する英語について


他のコラムでも記載していますが、コンサルティングファームに入社するのに英語力は必須ではありません。

ただ、業務で積極的に使用している場合もあるので、英語力が無い場合はプロモーションに影響する事も少なくありません。

当コラムでは、コンサルティングファームの種類によって異なる、業務で求められる英語力について記載していきます。どういったファームを受けるのか等、情報収集の足しにしていただければ幸いです。

【関連記事】

プロジェクトで求められる英語力

 

戦略系コンサルティングファーム

外資系戦略コンサルティングファームは、日本法人の現地化の程度によって英語力の必要性が二極化しています。

現地化が完了しているようなファームでは国内プロジェクトが多い為、業務での英語使用はそこまで多くありません。しかし、戦略系コンサルティングファームの代表格マッキンゼー等に関してはグローバルでナレッジの共有が為されている為、英語力は必須と言ってよいでしょう。こういったファームでは転職活動の面接でも英語を使用する事が多くなります。筆記試験に始まりケース面接も英語で行う事が珍しくありません。

他方、日系コンサルティングファーム(戦略チーム)では、プロジェクトは国内の物が多い為英語を使用することはそれ程多くはありません。

しかしプロモーションに関して言えば、日系・外資系問わず、人材マネジメントを行うマネージャー職以上になるとネイティブレベルではなくとも、基本以上のレベルは必須になります。

 

総合系コンサルティングファーム

総合系コンサルティングファームの中でも特にIT領域に強いファームでは英語の使用が多くなってきます。

理由としては、IT技術(ソリューション)に関しては日本よりも海外の方が先いっている事が多く、海外製の製品・サービスを利用する事が多い為です。そうなると海外オフィス(本国)のナレッジを転用する事が多くなります。こういったプロジェクトにアサインされるには英語力が必須となりますので、活躍の場を広げるには英語力はあるに越したことはないでしょう。

 

ブティック系コンサルティングファーム

財務・会計系コンサルティングファーム

財務や会計、その他M&Aに関連するコンサルティングを提供すコンサルティングファームのことを財務系コンサルティングファームもしくはFAS(ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス)系コンサルティングファーム呼びます。

ファームや案件によって多少の差はあるものの、高い英語力が求められる傾向にあります。

特に最近では海外展開を目指す企業が多くなってきている為、M&A系ポジションではクロスボーダー案件が増加していきていますので、英語力は必須になります。

 

シンクタンク系コンサルティングファーム

日系のシンクタンク系コンサルティングファームでは、日系企業をバックとしている事が多い為、基本的に英語でコミュニケーションを取る事はそこまで多くはありません。

ただ、アナリスト職であれば、主業務の一つである情報収集の際に英語資料を手にする事はあるでしょう。ただ、レベル感としては、大卒以上の方でこれまでの教育機関で用いてきた英単語の読み書きレベルがあれば問題無いでしょう。ただし、こちらはコンサルティングファームだけに言える事ではありませんが、英語力があれば多くはない英語必須のプロジェクトにアサインされることも可能になるため、プロモーションには有利に働くことになることは間違いと言えるでしょう。

より詳細にお聞きになりたい方は1分で登録可能ですので、
是非以下のフォームからご相談下さい。
業界に精通したコンサルタントがサポートさせて頂きます。