企業(事業)再生系コンサルティングファームとは


物凄いスピードでIT化が進み、新たなサービスが目まぐるしく登場する昨今。安部内閣になってから企業の倒産件数は年々減ってきてはいるものの、先に述べたようなスピードについていく事が出来ずに倒産する企業は少なくありません。

 

倒産だけでなく、不調に苦しむ企業が多い今のような経済状況の中で、企業(事業)再生系コンサルティングファームの活躍の場があります。多くのファームでは企業の内部深くまで入り込み、業務改善などを行います。債権者や利害関係者と関わることもあります。

また、企業内に入り込んで、現場レベルから業務改革を行うこともあります。そういった際は、チェンジマネジメントも併せて行うことが珍しくありません。

また、業績改革だけでなく、場合によっては、不採算事業を切り離して売却するといったソリューションを提案し実行することもあります。

 

採用要件

企業(事業)再生系コンサルティングファームでは、公認会計士の資格保有者や税理士等を採用しているケースが多いですが、それ以外にも金融機関でのデューデリジェンスの経験者などに対するニーズも非常に高いです。

その他としては、事業再生案件を経験していなくともコンサルティングファームでの就業経験者であれば積極的に採用している場合もありますので、詳細は是非当社までご相談下さい。

 

特殊な案件もある

少し特殊な例ではありますが、震災のあった地域の産業復興をミッションにコンサルティングファームが入り込んでいるケースもあるようです。こういったケースですと県全体への取り組みとなりますので、デューデリジェンスだけでなく、不動産関連業務の経験者や観光業界での経験者等、幅広いバックグラウンドを持ったコンサルタントが活躍しています。
 
より詳細にお聞きになりたい方は1分で登録可能ですので、
是非以下のフォームからご相談下さい。
業界に精通したコンサルタントがサポートさせて頂きます。