IT系コンサルティングファームとは


今では案件の幅が広がってきた為、総合系コンサルティングファームと呼ばれる事も多くなってきましたが、従来のIT系コンサルティングファームでは、IT戦略からシステムの導入等の案件が大きな割合を占めていました。

しかし現在では所謂戦略案件から財務など企業の総合的な課題解決を行えるファームになったことで総合系コンサルティングファームと呼ばれるようになりました。ファームの中には事業投資等を行う所も最近では出てきています。詳細は以下でご説明していきます。

 

IT系コンサルティングファームの仕事・案件

ITコンサルファームの仕事は、経営戦略に基いたITを用いた戦略の立案、及び業務領域ごとのIT企画の立案・~実行と企画から運用まで上流フェーズから下流フェーズに渡る全ての支援を行います。

ITコンサルティングファームでは、当初はIT戦略からシステム構想・導入・運用といったIT系のプロジェクトが多かったのですが、今ではいわゆる戦略系プロジェクトを扱うことも出てきています。

また、それ以外の組織人事系や財務会計系プロジェクト等も一貫して一つのファームで企業の課題解決を行っている為、これまでIT系コンサルティングファームと呼ばれていたファーム群も今では総合系コンサルティングファームと呼ばれるようになりました。

※ちなみに、戦略系、総合系、会計系といったように明確に区別する制度がある訳でもない為、人によっては、呼び方が変わることがありますが、どれも間違いではありません。少しややこしくなりますので、是非当社コンサルタントまでご相談下さい。)

 

ITコンサルティングファームは案件領域の拡大を続けている

ここ数年、ITコンサルティングファームでは、ITコンサルのみならず、事業投資といった、所謂コンサルティング業務とは異なる領域を手掛けるファームも増えてきました。

コンサルティングファームが保有する独自のパッケージの導入や運用なども依然として行ってはいますが、それ以外にもRPA等の新しい技術も展開しています。それに伴う業務改善プロジェクトなども同時に進行するケースも多いようです。

 

IT戦略コンサルタントは非常に魅力的な仕事

活躍するフィールドが経営層に近いという点が非常に魅力的なポジションでしょう。IT戦略を担う点や、CIOのブレインとして動く等、高いパフォーマンスの発揮を常に求められるポジションではありますが、その分やりがいも大きい物となります。

また、彼等はITの導入ありきのコンサルティングではなく、課題ありきのコンサルティングを実施します。SIerやパッケージベンダー在籍中の方はシステムの導入後に、そのシステム導入がクライアントにどういった影響を与えたのか知り得ないかと思いますが、そういった点を全て確認し、結果にコミットしていくのがIT戦略コンサルタントとなります。

【関連記事】

IT戦略コンサルタントの役割やその後のキャリア

より詳細にお聞きになりたい方は【1分】で登録可能ですので、
是非以下のフォームからご相談下さい。