コンサルタントの仕事内容


最近よく、求人サイトなどでも「コンサルティング営業」といった単語を見かけるようになりました。

当コラムではコンサル業界とはどのような関係があるのか、また彼らコンサルタントが行っているコンサルティングとはどのような違いがあるのか、解説致します。

ご自身のキャリア選択の為の参考にしてみて下さい。

コンサルタントどういう仕事なのか

最近では頻繁に目にするようになった「コンサルティング」や「コンサルタント」という言葉について、当コラムでご説明していきたいと思います。

「コンサルティング」の意味については、「何かしらの課題に対して解決策を提示する仕事」という認識で問題ないかと思います。そして、このコンサルティング業務を提供する人々を「コンサルタント」と呼びます。

彼等コンサルタントの仕事のミッションは「クライアントの収益を向上させる」です。

 

コンサルティング営業とコンサルティングの違い

最近求人広告でも「コンサルティング営業」といったような似た言葉をよく目にするようになりました。

しかしながら、ここで使われている「コンサルティング営業」はコンサルティングファームが提供する「コンサルティング」とは本質的に異なります。そういった点についてご説明していきます。

 

一般事業会社が提供するコンサティング営業

コンサルティング営業に関しては、何かしらの商材を販売・導入する為に行うコンサルティングになります。

つまり、彼等が持つ商材・サービスを使用(提供)することを前提とした課題解決、コンサルティング業務になります。

 

コンサルティングファームが提供するコンサルティング

コンサルティングファームでは独自の商品は持たない為、彼等が提供するコンサルティングは課題ありきのコンサルティングになります。

そして課題解決を解決する為に様々な技術・サービスを提供します。必要であれば、IT技術を導入することもあれば、業務改革を行う為にコンサルタントが現場に入り込み、業務フロー改善を行う事もあります。

 

上記のような違いがありますが、ご理解頂けましたでしょうか。コンサルティングファーム以外が用いるコンサルティングサービスに関しては基本的に商材・サービスありきである事が多いです。

 

ご自身の志向性に合わせてどういった企業を選択するか検討してみてください。

より詳細にお聞きになりたい方は【1分】で登録可能ですので、
是非以下のフォームからご相談下さい。
業界に精通したコンサルタントがサポートさせて頂きます。