IT戦略コンサルタントの役割やその後のキャリア


IT戦略コンサルタントは、企業のCIO(最高情報責任者)が抱える課題など、企業経営レベルのIT領域に関する課題を解決するコンサルティングサービスを提供しています。彼等はITを課題解決の一つのツールとして捉え、経営戦略に沿ったIT戦略や中期経営計画の策定など様々な領域でクライアントの支援を行います。

ITという分野に特化しているコンサルティングサービスではありますが、経営層に近いポジションでCIOの側近、つまりブレインとして課題解決に取り組むことが出来る非常に面白いポジションになります。コンサルタントとして企業の課題解決に取り組み、実績を上げる事が出来れば、社内での評価は勿論の事、自身の市場価値を高める事が可能です。

 

仕事の魅力

IT戦略コンサルタントは、先にもお伝えしました通り、活躍するフィールドが経営層に近いという点が非常に魅力的なポジションでしょう。IT戦略を担う点や、CIOのブレインとして動く等、高いパフォーマンスの発揮を常に求められるポジションではありますが、その分やりがいも大きい物となります。

また、彼等はITの導入ありきのコンサルティングではなく、課題ありきのコンサルティングを実施します。SIerやパッケージベンダー在籍中の方はシステムの導入後に、そのシステム導入がクライアントにどういった影響を与えたのか知り得ないかと思いますが、そういった点を全て確認し、結果にコミットしていくのがIT戦略コンサルタントとなります。

 

その後のキャリア

IT戦略コンサルタントのその後のキャリア幅広く広がっています。専門領域のプロフェッショナルになりたいと、ブティック系コンサルティングファームに転職する方もいらっしゃれば、事業会社でCIOとなり自ら経営の舵を取る方もいらっしゃいます。

また、中にはITだけでなく全社の戦略策定に携わりたいという事で戦略コンサルタントを志望される方もいらっしゃいます。
より詳細にお聞きになりたい方は【1分】で登録可能ですので、
是非以下のフォームからご相談下さい。
業界に精通したコンサルタントがサポートさせて頂きます。