世界最高の頭脳集団 戦略コンサルタントになるには


もう既に当サイトの他コラムをご覧になっている方にはご認識頂けているかとは思いますが、戦略コンサルタントになるのは本当に難しく、狭き門となっています。

同じ職種ではない為、比べるのが正しいとは言えませんが、他の業界における、経営企画職やマーケティング職などの人気職種と比較してもハードルは高いものでしょう。

そしてコンサルティングファームへの転職では対策が非常に重要であり、また独力で対策するのは難しいです。

ケース面接を始めとする特殊な面接もあり、またコンサルタントは彼等自信がサービスとなる為、頭が良いだけでは採用されません。

【関連記事】

「ケース面接」を徹底的に対策する

採用要件に関して言えば、人間的な魅力や人物タイプ等、様々な要素が組み合っている訳です。

戦略コンサルティングファームの採用動向

戦略系コンサルティングファームについては、数年前から採用人数についてはあまり増減が無いものの、現在も積極採用中です。

コンサルティングファームでの就業経験は必須ではありませんので、事業会社からの採用、所謂ポテンシャル採用も行っています。しかし一つの基準として、世間で言われるレベルの高学歴であることに加えある程度の英語力は最低条件にはなってきます。そのような方々が集まる中で、自分が優秀であると面接官に認めさせる必要があるため、先に述べた通り非常に狭き門となっている訳です。

第二新卒層に関して言えば、これまで採用活動をしていなかったファームが採用活動を開始する等、業界全体としても採用に積極的と言えるでしょう。

ちなみに、採用企業サイドからすると20代後半~30代半ばまでの層がメインターゲットとなっています。基本的に戦略コンサルティングファームは少数精鋭ではありますが、業績的な観点で好調なファームが多い為、それに伴って採用人数自体が増えてきています。採用基準は依然として高い基準に留まってはいるものの、ファームが注力している業界に対する知見をお持ちの方であれば過去に比べると機会は広がっているでしょう。

30代半ば以降で戦略コンサルティングファームを目指す

30代半ば以降になってくると、これまで従来の採用基準と同様ではありますが深い知見をお持ちの方を採用する傾向にあります。また、RPAやIoT 、AI等の最近話題の新技術に関する知見・経験をお持ちの方に対するニーズは非常に高まってきています。

業界別で見ていくと、勿論ファームによって多少差はあるものの、官公庁やIT、その他には自動車をはじめとする製造業や、医療・ヘルスケア、金融系、商社など、幅広い業界出身者の方を求めています。

求められる専門性としては前述の業界同様非常に幅広いものとなっています。戦略系コンサルティングでも最近では実行支援も増えており、SCM 、CRM、生産管理、営業などの領域における高い専門性をお持ちの方への採用ニーズが高まってきています。

また、戦略立案の段階からIT領域の知見が活きるプロジェクトも増加傾向にあるため、デジタル系(データ分析、WEBマーケティング等)や、IT(アプリケーション側・インフラ側共に)の深い知見をお持ちの方ニーズが高まっています。

コンサル転職なら株式会社アサインまで


当社では豊富な転職のご支援実績をベースに各ファームの傾向を確実に認識しています。創業メンバーが全員コンサルティングファーム出身ということもあり、業界にも精通しています。

ネット等で見つけること出来るような二次・三次情報ではなく、創業メンバーが肌で感じたコンサルティングファームの現実を是非直接お伝えしたいと考えています。

選考対策から今後のキャリアプランなど、転職を「点」ではなく「線」で捉えている我々が本当に貴方の為になるキャリアアドバイスをさせて頂きます。

今すぐの転職でなくても構いません、まずは一度当社のコンサルタントまでご相談頂ければ幸いです。

 

より詳細にお聞きになりたい方は【1分】で登録可能ですので、
是非以下のフォームからご相談下さい。
業界に精通したコンサルタントがサポートさせて頂きます。