未経験からコンサルティングファームへの転職は可能


コンサルティングファームへの転職、何か対策をしなくてはと漠然として不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

また、当社に相談にこられる方の中にも「自分がコンサルタントに向いているかどうか分からない」と仰る方も多くいらっしゃいます。

そんな方々に向けて、未経験からのコンサルティングファームへの転職について丁寧に解説させて頂きますので、是非ご覧下さい。

 

未経験でコンサルティングファームへの転職は可能か

結論を先に申し上げますと、未経験でもコンサルファームへの転職は十分可能です。

当社アサインの実績だけを見てもコンサルティングファームへ転職された方は殆どがコンサルティングファーム未経験の事業会社出身の方です。

未経験でコンサルティングファームへ転職出来る事の背景としては、コンサルティングファームが抱えるプロジェクトの多様化及び、件数拡大が挙げられます。

以前まではIT系の案件ばかりを扱ってきたファームが組織人事領域に手を伸ばしたり、業務改善に強みを持っていたファームがIT案件を扱ったりと最近では様々な案件を扱うようになってきています。それに伴ってコンサルティング業界全体で人手不足の状況が続いています。

よって未経験の方にとっては、コンサルティング業界へ転身する絶好の機会と言えるでしょう。

 

面接で重視されるポイント

先の項目でもお伝えしましたが、基本的には未経験つまりポテンシャル採用を行っています。

そこで見られるポイントとしては、「ロジカルシンキング」と「コミュニケーション能力」となります。以下にそれぞれ記載しますので、参考にしてみて下さい。

 

ロジカルシンキング(論理的思考力)

自身が経験した事のないクライアントの課題に対してロジカルに考えて問題を解決していく訳ですから、ロジカルシンキングは必要不可欠となります。

コンサルティングファームの採用面接でも、必ずこの力があるか(素質があるか)を確認しています。最初からロジカルシンキングが出来る方は多くない為、勉強・対策をしないで面接に臨むと通過するのは難しいでしょう。

またコンサルティングファームによっては「ケース面接」という試験を実施する場合もあります。この試験では、「どのように考えて答えを導き出したか」つまり、論理的に物事を考えたかどうか、という点をみています。

当社では創業メンバーが全員コンサルティングファーム出身者ということもあり、ケース面接の対策にも自信を持っておりますので是非ご相談下さい。

 

コミュニケーション能力

相手の事を自分事として捉えて考え、クライアントからの確かな信頼を勝ち得る為にはコミュニケーション能力は必須になります。

既に調べられている方もいらっしゃるかとは思いますが、最近のコンサルティングファームのプロジェクトでは戦略の立案だけに留まらず、最後の実行支援まで一貫して行う事が主流となってきています。よって、現場社員からも信頼されながら、周囲を巻き込んでプロジェクトを完遂する為にもコミュニケーション能力は重要になってくる訳です。

 

年齢の制限について

勿論、ファームによって多少の差はありますが、多くの場合は20代半ば~30代半ばがメインターゲットとなっています。

しかし、業界に対する知見や経験をお持ちの方では、年齢はあまり関係ないのが現状です。ただ、ご年齢が高くなればなるほど即戦力性を求められる為、その点については念頭に置いておくべきでしょう。

 

面接の対策は必須

これまでに述べてきた、コンサルティングファームで求められる2つの能力、「ロジカルシンキング」、「コミュニケーション能力」は勉強等で伸ばすことが出来る能力ですので、しっかりと対策をする事が必要です。

またその他に関しては、対策に関しては、コンサルティング業界に関する情報収集も必須となります。

コンサルティング業界と一口に言っても、扱っている領域や得意とする分野等ファーム毎に異なっています。そういった事をしっかりと認識した上で、なぜそのコンサルティングファームに入社したいのか、等深く考える必要があります。

当社アサインでは、転職を「点」ではなく「線」で捉えて考えているため、今回の転職で本当に転職希望者が幸せになれるかを本気で考えています。どこのファームを受けるべきなのかは勿論のこと、今後のキャリアプランについても是非ご相談下さい。

 

充実した入社研修研修

未経験の方の多くが、入社後活躍できるか不安に思っていらっしゃる事かと思います。

しかし安心して下さい。コンサルティングファームでは、入社後は一人前のコンサルタントになるための研修を行います。

研修内容としては、論理的思考力、仮説立案力などがあります。そしてその後上長と相談のもと、プロジェクトにアサインされて実務に移っていきます。

しかしコンサルティングファームだけでなく、どのような企業でも能動性が求められます。ご自身で足りないと感じるスキルについては日々勉強を行う必要があります。しかし、周囲には優秀なコンサルタントが沢山いますので、いくらでも相談できる環境は整っていると考えてよいでしょう。

 

資格は必須ではない

未経験からコンサルティングファームへ転職する際には特別な資格は必要ありません。

資格よりも、先に述べたようなコンサルタント適性が必要になります。どれだけ難関資格を保有していたとしても、このコンサルタント適性が無い方が採用されることはまずありません。

 

英語力について

英語については、一部の戦略系コンサルティングファームを除き必須ではありません。

しかし最近ではグローバル案件も増えてきている為、あるに越したことはありません。キャリアプランの中で、ファームで役職を上げていきたいという方であれば今からでも英語力は身に着けておいて損はないでしょう。

より詳細にお聞きになりたい方は1分で登録可能です。
是非以下のフォームからご相談下さい。

業界に精通したコンサルタントがサポートさせて頂きます。