ポストコンサルタントのキャリアパスは無限に広がっている


コンサルティングファームへ転職する魅力の一つとして、その後のキャリアパスが幅広い事が一つ挙げられます。

当社もコンサルファーム出身のキャリアコンサルタントが複数在籍しておりますので、コンサルティングファームでの就業経験者の方からのご相談もしっかりと対応させて頂いています。

さて、当コラムではコンサルタントのその後のキャリアパスについて記載していきます。

ポストコンサルタントのキャリアとしては、大きくは以下の3通りに大別することが出来ます。

【1】コンサルティングファーム→起業・独立

【2】コンサルティングファーム→コンサルティングファーム(年収アップ・役職アップ・担当業界の変更等)

【3】コンサルティングファーム→事業会社(マーケティング、経営企画 等)

いずれのキャリアもコンサルタントとして身に着けた経験やスキルをベースに、マネジメントに携わるポジションに転職される方が多く見受けられます。

当記では上記の3つについて代表的な事例を記載していますので、コンサルタントのその後のキャリアパスとしてイメージを膨らませて頂ければ幸いです。

 

【1】戦略コンサルティングファームを経て起業

新卒就職の時には「コンサルティングファーム」という存在さえ知らなかったというXさんは新卒で日系の大手SIerに就職。そのSIerでは、いわゆる上流工程を主に経験し、その業務の中ではITコンサルティングファームの方々と接することが多かったとのこと。ITコンサルティングファームの方々に話を聞く内に、コンサルティング業務に興味を持ったXさんは日系の総合系コンサルティングファームへ転職。総合系コンサルティングファームへはコンサルタント職で入社した後、着実に昇進しマネージャーにまで昇進しました。戦略コンサルティングファームは、そのファームの役職者の口利きもあり、外資系戦略コンサルティングファームへの転職に成功。5年程、主に新規事業系のプロジェクトに携わった後に独立を決意。これまでの繋がりを活かして経営コンサルティング業務も行う傍ら、インターネットサービス関連の会社を設立しました。コンサルタント時代に築き上げた人脈もうまく使い、沢山の人の協力を得られ、順調にビジネスは成長しているとのことです。

 

【2】中堅日系コンサルティングファームから外資系コンサルティングファームのマネージャーへ

新卒就職で外資系コンサルティングファームへの就職を目指すも、希望が叶わず第二志望であった日系のコンサルティングファームへ就職したYさん。最初は第一志望の外資系コンサルティングファームへ入社出来なかった事に大きなコンプレックスを感じていたYさんではありますが、コンサルティング業務に従事する中で、改めてコンサルティング業務の面白さに気付き、仕事にのめりこむようになりました。日系のコンサルティングファームでは高いパフォーマンスが認められ、先輩をも差し置いて昇進を繰り返しました。そこで自信を付けたYさんは満を持して転職活動を開始します。これまでの経歴等をしっかりと棚卸した上で臨んだ面接は概ね通過しました。結果として新卒就職時に行きたかったという外資系コンサルティングファームへマネージャーのポジションでオファーを獲得。現在では日系の大手メーカーの新規事業関連のプロジェクトに携わっていらっしゃいます。

 

【3】外資系コンサルティングファームを経て日系大手メーカーへ

誰もが知る有名大学を卒業し、新卒就職最難関の一つと言われる外資系コンサルティングファームへ入社されたZさん。外資系コンサルティングファームでは、同期も圧倒的に優秀であったこともあり、同期に比べると昇進は少し遅かったものの、持ち前の粘り強さを活かして着実にマネージャーまで昇進。日系の名だたる大手企業をクライアントとしてIT領域のコンサルティング及びマネジメント業務に従事。コンサルティングファームでの仕事は好きではあったものの、結婚を機にライフワークバランスを意識するようになったZさんは転職を意識するようになりました。そこで自分が何をしたいかを考えた結果、事業会社にて自社の為に自分の持っているスキルを使いたいと考え、日系大手メーカーへ転職。経営企画職としてM&A業務を中心に従事しています。

 

コンサルティングファームで経験する事や身に着けられるスキルは非常に汎用性が高い事に加え、今回挙げた三名の方は目的意識が非常に高かったように感じます。

そもそもご自身が「コンサルティングファームで何を身に着けたいのか」、「将来何を実現したいのか」をしっかりと考えていらっしゃる印象です。明確でなくとも目標を定めていると、その他の業界に比べて非常にハードだと言われるコンサルティングファームでの就業にもやりがいを感じて日々成長を繰り返していったのかもしれませんね。

より詳細にお聞きになりたい方は【1分】で登録可能ですので、
是非以下のフォームからご相談下さい。
業界に精通したコンサルタントがサポートさせて頂きます。