戦略系コンサルタントのその後のキャリア


戦略系コンサルティングファームの就業経験者は様々なキャリアパスを描くことが出来ます。中には彼等を「プラチナチケットホルダー」と呼ぶ方もいる程です。

圧倒的なロジカルシンキングとコミュニケーション能力を武器に転職活動を優位に進めることが出来る方が殆どです。

 

戦略コンサルタントの転職先

起業される方も珍しくはありませんが、多くの場合は事業会社へ転職しています。

経営企画やマーケティング職のようなコンサルティング業務と親和性の高い職種に就く方もいれば、ベンチャー企業の経営幹部として就任される方もいます。

戦略系コンサルティングファーム就業経験者の転職先として、事業会社の案件ではWEB系・インターネット系企業でのポジションが多い傾向にはありますが、自動車をはじめとする製造業や医療系・ヘルスケア系企業等、その他の業界でも採用ポジションは多く見受けられます。日系企業のみならず外資系企業のポジションも数多くあります。

加えて、英語力がある方であれば選択肢の幅が広がることは間違いないでしょう。

 

ポストコンサルタントが注意すべき点

戦略系に限らず、コンサルティングファームでの就業経験者の採用に否定的な企業があることは認識しておく必要があります。

また、転職をしたとしても社風に合わなかったり、周囲の従業員とのパフォーマンスの差に落胆した等の理由でコンサルティングファームに出戻りをする方も珍しくありません。また「コンサルティングファーム就業経験者=机上の空論を振りかざす人達」等といったように、良いイメージを持たれていない会社も多かったのも時代もありました。

しかし最近の戦略系コンサルティングファームでは戦略立案・策定だけに留まらず、現場の実行支援まで行うプロジェクトも多くなってきている為、上記のような「机上の空論」といったイメージを持たれる企業も少なくなってきている事に加え、コンサルティングファーム就業経験者の方々が転職先の企業で成功されている背景もあることで、コンサルティングファーム就業経験者を歓迎する企業が増えてきています。

 

社風や昇進制度などは事前に確認する

その他注意すべき点とすれば、多くの日系事業会社は、まだ年功序列の色が強い企業がある点です。どれだけ高いパフォーマンスを発揮しても、上が詰まっている事もあります。

また、年齢によって年収レンジが決まっている企業もありますので、転職活動をする際には事前の情報収集が必要になります。戦略系コンサルティングファームからの転職であれば殆どの場合年収が下がる為、予めて覚悟しておく方が良いでしょう。

 

より詳細にお聞きになりたい方は【1分】で登録可能ですので、

是非以下のフォームからご相談下さい。

業界に精通したコンサルタントがサポートさせて頂きます。