コンサル転職は情報収集が非常に重要になります。情報収集の質で合否が分けられるといても過言ではありません。当コラムでは、コンサルファームでの転職面接にて聞かれるような内容について、NG例等も交えながら解説していきます。

 

コンサル転職での逆質問の罠

一般事業会社の転職面接と同様に、コンサルファームの面接でも転職希望者から質問する機会があります。「気になる事があれば何でも聞いて下さい」というスタンスで問い掛けられる事が多いです。

しかし、コンサル転職では質問のレベルが問われることになりますので気を付けて下さい。質問のレベルはレベル1からレベル3に分類される事になります。

レベル1は、「気になる事を聞く」というものです。例としては、「御社は今後日本でどのような戦略で国内プレゼンスをあげていくのですか?」といったものです。

次にレベル2は、「自分の転職理由に影響するであろう事を聞く」というものです。例としては、「昇進スピードや人事評価はどのようなものですか?」といったものです。例えば、年功序列制度が採用されていて、そこを解消する事が転職の一つの理由であった場合は、この質問はとても重要なものになります。コンサルファームでは基本的に無い事ではありますが、ここで、「昇進スピードに関しては、年功序列です。」と回答があった場合は、その企業へ転職しても、転職して実現したいことを叶える事が出来なくなりますので、これはレベル2にあたる質問になります。

そして最後のレベル3は「コンサルの実態を把握したうえで、転職理由に影響する事を聞く」というものになります。

例としては、「トレンドとしては、新規事業の案件は多くないと認識しているのですが、案件はどのような物がありますか?また、ファームの中でどのようなキャリア、スキルを持った方がそういったプロジェクトにアサインされていますか?」といったものです。

新規事業をやりたいという転職理由に影響がある事に加えて、新規事業案件が多くないというコンサルの実態もつかんだ上での質問になりますので、面接官は、「情報を集めて、自分の意思決定に反映させようとしている」との印象を受ける事でしょう。

コンサルの面接ではこのように質問のレベルを図っていますので、事前に何を聞きたいのかはしっかりと整理した上で面接に臨んで下さい。どんな質問をすべきか、といった観点でエージェントに相談するのも良いかと思います。

 

コンサル転職では面接で聞かれる質問は決まっている?

コンサル転職では、ケース面接の内容を除き聞かれることは大方決まっています。

当項目では、よく聞かれる質問例を載せていきますので、是非事前に準備して面接に臨んで下さい。

・自己紹介(これまでの経歴紹介を含む)

・なぜコンサル業界を志望するのか

・なぜ当社か

・将来何をしたいのか

・どんな案件に興味があるのか

・最近関心のある領域は何か

 

コンサル転職の面接では、コンサル業務を理解しているかどうかが非常に重視されます。興味がある案件や、領域に関して何も答えられないと合格はまず難しいでしょう。エージェントに聞くというのも一つの手段ではありますが、日頃から業界に関連するニュース等に対するアンテナを高く張っておくのも非常に有効です。

 

コンサル転職の面接での自己紹介のお作法

コンサル転職でも面接では「●分程度で自己紹介して下さい」と言った形で自己紹介が求められる事が多いです。

それが1分なのか3分なのか、面接官によって異なりますので、いくつかのパターンを用意しておくのが良いでしょう。自己紹介もアピールの場ですので、練習をしておいて損はありません。録音もしながら、エージェントにも聞いてもらいましょう。

以下に例を記載しますので、参考にしてみて下さい。

「Aと申します。20XX年に早稲田大学を卒業後、新卒で●●銀行に入行しました。入行後2か月の研修を終えて●●部へ配属となり、約3年半トレーディング業務に従事してきました。担当地域は●や●、その他にも●等です。付随する業務としては、●などがあります。本日はどうぞ宜しくお願い致します。」

 

コンサル転職での面接で聞かれる「短所」のNG回答例

コンサル面接では短所が聞かれる事もあります。

嘘をつく必要はないのですが、気を付けなければならない事があります。何でも思った事を応えても良いという訳ではなく、コンサルタントとして致命的な短所は面接官からしても好印象にはなりませんので、注意が必要です。

NGな例としては、他責傾向がある、コミュニケーション能力が欠けている、ロジカルに物事を考える事が嫌い等です。面接官の立場に立って、今後コンサルタントとしてチームを組んでいく事を想定した上で回答するようにして下さい。

また、短所を聞かれる際は、その短所の克服方法を同時に聞かれることもありますので、事前に準備しておくのが良いでしょう。

 

コンサル転職の壁 ケース面接の過去出題例と考え方

当項目では、ケース面接についての考え方をお伝えします。まず前提として、「ケース面接は模擬プロジェクトである」と認識して下さい。ケース面接は「ロジックを組み立てて、面接官を納得(論破)させる物だ」と考えている方がいますが、それは誤りです。プロジェクトの目的クライアントの成功です。そうなれば、コンサルタント同士の議論の目的は「より良いアウトプットを出す事」になります。つまり、論破する事は目的ではありません。

自身のアウトプットに自信を持つのは良い事ではありますが、プロであるコンサルタントならより良いアイデアがあるならば、それを採用するべきですよね。

ケース面接では面接官と議論することを意識して取り組んで下さい。

また、「アウトプットの質も非常に重要」だということです。模擬プロジェクトなので、最終的にはプレゼンテーションの時間があります。ケース面接に置き換えて言うと、面接官に自身の考え(アイデア)を伝える事です。

例えば、面接官に「10分間差し上げますので、その時間を使って課題に対する解決方法を考えて下さい」と言われたら、10分後にはプレゼンの時間がやってきます。そうであれば、少なくとも最後の1分程度はプレゼンの準備に回すべきでしょう。何をどのように伝えるか、それをしっかり練るだけでプレゼンの質は向上することでしょう。

 

コンサル面接対策のカギは模擬面接官の質

当コラム以外にもこれまで、志望動機やケース面接に関する考え方をお伝えしてきましたが、コンサル転職のカギは、エージェントによるところも非常に大きいです。

コンサル業界に精通している事は当然のこととして、それ以外にもしっかりと対策が出来るエージェントのみがコンサル転職を成功に導けると言えるでしょう。つまり、志望動機を考えることが出来、ケース面接等の模擬面接を実施出来るエージェントになります。少し分解すると、ロジカルであり、コンサル業務を理解していて、議論の質が高いエージェントです。

これらは、転職エージェントの社名や実績では分かりません。転職希望者を担当するのは一人のキャリアアドバイザーです。よって、能力は個人に依存する訳です。

そうなると、一度エージェントと話をしてみなければ判断出来ないはずです。コンサル業界に特化しているエージェントも複数ありますので、よく考えてみてください。