景気が良くなくても転職はできるのか


2008年リーマンショック以降の金融危機から、冷え込んでいた経済状況も回復傾向にあるとは言えど、まだ大手を振って好景気とは言えない状況です。現在の転職の市況感を見ると、徐々に回復したものの、業界によっては採用活動を控え目に行っている企業も少なくありません。

しかしながら、このような好景気とは言えない状況であっても中途採用に積極的な業界や業種は多くあります。例を挙げるとすれば、金融系の企業や、景気回復を見込んだ層を顧客とする不動産系企業などがあります。また、その他にも、業界全体として好調なネット系企業やIT系企業が挙げられます。当業界では、IPOも盛んに行われていますので、即戦力となり得る人材を通年で探している企業も珍しくありません。

 

また、こういった景気状況においては、専門性の高いスキルを持っている方の市場価値は非常に高まると言えます。

転職市場においては、資格保有者をはじめとする専門性の高い人材の市場価値は景気に影響を受けづらいことで有名です。

具体的には医療系の業界です。

代表的な国は日本ではありますが、少子高齢化が進んでいる国も増えてきた中で世界各国に展開する企業が増えている現状です。こういった領域に強みを持つコンサルティングファームや事業会社では今後も人材採用の手を緩めることは暫く無いと考えられています。

 

また、コンサル業界に関しても例外ではありません。業界に精通した当社コンサルタントが詳細にご説明致しますので、まずは一度ご相談下さい。

 

より詳細にお聞きになりたい方は【1分】で登録可能ですので、
是非以下のフォームからご相談下さい。
業界に精通したコンサルタントがサポートさせて頂きます。