他一般事業会社と同様、当然コンサルファームも会社毎に違いがあります。

そういった違いを認識しておく事は、「なぜコンサルを志望するのか」「なぜ当社なのか」といった志望動機を考える際にも有用な情報になります。コンサルファームへの転職を検討されている方は是非事前にご一読下さい。

 

コンサル業界を代表する会社名一覧

当項目では、コンサル業界を代表するファームをリストにして掲載します。

戦略コンサルファーム

マッキンゼー・アンド・カンパニー BCG(ボストン・コンサルティング・グループ) 

ベイン・アンド・カンパニー    A.T.カーニー

ローランド・ベルガー

総合コンサルファーム アクセンチュア          デロイト・トーマツ・コンサルティング

PwCコンサルティング            ベイカレント・コンサルティング

KPMGコンサルティング       EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

ITコンサルファーム アクセンチュア テクノロジー アビームコンサルティング

日本IBM             フューチャーアーキテクト

日本タタ・コンサルタンシーサービシズ

各社の詳細な解説は以下のページをご参考下さい。

【関連コラム】

戦略コンサル

総合コンサル

コンサル業界では会社毎にその後のキャリアは異なるのか

コンサル業界への転職を希望する際にはどのファームを志望するか悩むかとは思います。

また、どのファームに入社すれば自身の描くキャリアパスを実現する事が出来るのか、お知りになりたい方も多いのではないでしょうか。

もちろん、人によって価値観もスキルも異なってきますが、当項目では、ファーム毎のネクストキャリアについて大きく解説していきます。

戦略コンサルファーム

戦略コンサルファームに在籍する事で、基本的には経営企画等の企画系職種での転職に困る事は無いと言っても過言ではないでしょう。マッキンゼー・アンド・カンパニーとボストン・コンサルティング・グループ、ベイン・アンド・カンパニーの所謂ビッグ3とその他の戦略ファームで少し差はあるものの、転職に困る事はまず無いと言って良いでしょう。

ネクストキャリアとしては、ベンチャー企業に幹部としてジョインする方もいれば、大手事業会社の役員としてジョインする方も多くいらっしゃいます。

 

総合コンサルファーム

総合コンサルファームは戦略コンサルファームに比較して、転職市場においては会社毎のブランドよりも、どの領域で経験を積んでいるかが重要になります。

戦略コンサルファームに在籍していれば戦略案件をやっている事を誰しもが認識できますが、総合コンサルファームでは中で何をやっているか分からないことが理由として挙げられます。つまり、「どこのファームで何をやっていたか」が重視されるということです。

とはいえ、転職市場の難関であるコンサルファームですので、しっかりと自身のキャリアプランを考えた上でコンサル業務を遂行していれば転職先に困るという事はまず無いでしょう。

 

コンサル会社の中で上場している会社は稀有?

コンサル業界の中では上場している企業は非常に少ないものの、最近では徐々に増えてきています。最近上場を果たしたベイカレント・コンサルティングや、グローバルが上場しているアクセンチュア等が上場しています。

なぜ上場している会社が少ないかについて少しご説明致します。

多くのコンサルファームでは「クライアント・ファースト」つまり、顧客第一主義を掲げています。つまり、上場することによって経営に株主が入る事を避ける為です。つまり株主への還元などを考えずに、顧客の課題を解決する事を目標として掲げている為、上場しないという意思決定をしている訳です。

しかし、そんな中でも上場している会社がありますので、彼らがなぜ上場しているかについてもご説明します。まず、誤解を生まない為に念のためお伝えすると、当然ではありますが、上場しているからといってクライアント・ファーストではない、という訳ではありません。

先程も掲載しましたが、ベイカレント・コンサルティングやアクセンチュアは上場していますが、彼等はなぜ上場しているのでしょうか。理由としては、大きく言えば投資の為です。彼等は上場することによって資金を調達し、その調達した資金を採用や、自社ソリューションの開発などに投じています。これにより国内でのプレゼンスを高める事も画策していると考えて間違いないでしょう。

 

コンサル会社では社名よりも実力で年収が決まる

多くの方が入社時にオファーされる年収に関して興味をお持ちだと思います。

勿論、年収も転職先を決める際には重要な要素です。

しかし、コンサルファームでは入社時のオファー年収に加えて、文化面や評価制度等についても詳細に情報収集しておく事をお勧めします。なぜならば、コンサルファームでは入社初年度を除き、実力で年収が決まる為です。

いくら実力がある方でも文化面などでミスマッチがあると、活躍に影響が出てきてしまいます。活躍に直結する情報に関しても当社株式会社アサインは保有していますので、是非ご相談下さい。

 

コンサル業界の外資系ブランドは有効か?

結論から先にお伝えすると、戦略コンサルファームであればブランドは有効、総合系コンサルファームであればあまり有効ではありません。

理由としましては、これまでの項目でも解説した内容にはなりますが、戦略コンサルファームは戦略案件をやっている内容が明確ですが、総合コンサルファームはそうでは無い為です。

総合コンサルファームではコンサルタントによって、ITシステム導入、BPO等と業務内容が大きく異なります。よって、転職を考える際には、社名ではなく、何をやっていたかが重視されます。

しかし、それと比較して戦略コンサルファームではブランドが有効な現状があります。

転職市場では、「マッキンゼーに入社すれば次の2社は安泰」と言われています。中には在籍中のパフォーマンスが重視されることもありますが、そもそも入社する事が非常に難しい事が世間的に認識されている為、その点が評価されている事もあります。

プロに相談したいという方は、是非一度以下の応募フォームからご相談下さい。

「価値観」「なりたい姿」をベースに、コンサル業界に特化したエージェントである当社ASSIGNが無料でご相談に乗らせて頂きます。