コンサルファームへ転職するには志望動機に関する考え方を始め、いくつか知っておかなければならない事項があります。しかし実情としては、どういった内容を知っておくべきか世間的にはあまり知られていません。

当コラムではコンサル転職に必要となる情報をご紹介していきます。

現在のコンサル業界の状況や志望動機の書き方、そしてwebテストに関する情報等を幅広く解説していきますので、是非ご覧ください。

 

コンサル業界好調につき中途採用が活性化している

現在コンサル業界は非常に活況であり、中途採用、新卒採用共に積極的に行っています。

現状で言えばコンサル業界への転職者は約7割が未経験者です。未経験でコンサル業界へ転職する方の経歴は様々で、営業職の経験者や企画職の経験者など多様です。

現在は、トレンドとしてRPAや人事領域のタレントマネジメントの案件が増えてきており業界全体が好況となっている、かつ慢性的な人手不足の状況が続いています。コンサル業界では、その時々のトレンドに応じて案件の種類や量が頻繁に変わりますので、日々の情報収集が非常に重要になってきます。

 

コンサルファームへ中途入社するには面接対策が合否を分ける

コンサル転職での面接は非常に難易度が高い事で有名です。

当項目では、面接の際に注意すべきポイント、つまり面接官が見ているポイントを記載していきます。ケース面接等の対策も非常に重要になりますが、それは以下のポイントをしっかりと認識した上で対策していきましょう。

 

ロジカルである事

コンサルタントはとにかくロジカルさ、つまり話の筋が通っているか否かが重視されます。

業界ではロジカルシンキングと呼ばれ、入社後も求められ続けます。ちなみに、ロジカルに話す力は訓練次第で身に着ける事も可能です。面接の時のみならず、日常のビジネスでも意識するだけでもスキルは身に付けることが出来るでしょう。そして、面接の対策に関して言えば、転職エージェントと複数回訓練をするのが良いでしょう。そして訓練の際はエージェントからあえて厳しめのフィードバックを貰い、改善を繰り返していきましょう。

 

コンサルタントの業務内容を理解している事

コンサルタントの業務内容を理解していなければ折角一生懸命考えたアピールも意味がありません。エージェントと協力しながら、コンサル業務に即した物を考えるようにしましょう。

 

【関連コラム】

コンサルファームの面接を徹底的に対策する

 

コンサル転職での志望動機は中途と新卒で大きく異なる?

新卒の就職活動と中途の転職活動では、志望動機の考え方は明らかに異なる事を認識しておく必要があります。違いについては、以下で解説しますので、参考にしてみて下さい。

 

コンサル新卒の志望動機は「興味や関心」ベース

コンサル業界へ新卒で入社する場合には、「興味・関心」をベースとした志望動機で問題はありません。

当然ではありますが、コンサル業界を志望している学生でも、多くの場合はビジネス経験をお持ちではない為、どのコンサルファームでもスキルよりもポテンシャルが重視される傾向にあります。また、付け加えるとすれば、見られているポテンシャルの中には、「興味や関心」ベースの志望動機をロジカルに話す事が出来るか、等が見られます。

 

コンサル転職の志望動機は「強み=貢献できるスキル・知見」ベース

新卒の就職活動と異なり、中途の転職でコンサル業界を志望する場合は、「強み=貢献できるスキル・知見」ベースの志望動機を考えなければならなりません。

これまでの社会人経験の中で培ってきたスキルの中で、コンサルファームでの仕事に活かすことが出来る、つまり貢献できるスキル・知見を面接官にアピールする必要があります。つまり、志望動機を考える際には、コンサルファームでの業務内容を認識していなければなりません。コンサルで活きないようなスキルをアピールした所で、意味が無いどころか、マイナスポイントになってしまいます。

例えば、数値分析の経験や特定業界に関する知見等が貢献できる、つまりアピール出来る内容の例となります。

 

コンサルファームへ中途入社する際の第一関門はwebテスト

コンサル転職では、ほぼ全てのコンサルファームがwebテストを実施しています。

以下に採用されている試験の種類についてご紹介します。

名称 科目
GAB 言語・計数・性格適性
TG-WEB 言語・計数・英語・性格適性
玉手箱 言語・計数・英語・性格適性

適性検査それぞれで求められるものが変わってきます。正答率が求められるものもあれば、正答数が求められるものもあります。当然、企業毎にどれを採用しているかは異なりますので、是非当コラム最下部のご相談フォームから当社ASSIGNまでご相談下さい。

 

中途でコンサルを目指す方は辛い部分も認識する必要がある

まずはそもそもコンサル業界を本当に目指すかどうかを考えてみて下さい。

「会社の同期がコンサルファームに転職した」「なんとなくブランドがありそう」

こういった理由でコンサル業界を志望する方は珍しくありません。しかし、このような考え方でコンサル業界に転職するのは危険ですので、エージェントにも相談しながら改めて考えてみて下さい。新卒で入社している方に関しては、入社してすぐにコンサルタントとしてのお作法を研修で習得していますが、転職入社組みはそうではありません。

勿論、充実した研修が用意されているファームも沢山ありものの、新卒程の手厚い物ではありません。これまで培ってきた経験を元にしたスピーディなキャッチアップが期待されている事を認識しておきましょう。

また、今でこそコンサルタントの働き方も改善されてきており、ひと昔前のような連日徹夜があたり前といったことはなくなりましたが、アサインされるプロジェクトによっては日をまたぐ事も珍しくありません。

そしてコンサルは実力主義の世界です。仮に自身でキャリアパスを描いて入社したとしても、希望する魅力的なプロジェクトにアサインメントされるかどうかは実力次第になります。

加えて、働き方が改善されている事にも少し関係してきますが、コンサルファームでは短い時間で高い質のアウトプットが求められます。上長から指示を受けるタイミングで質の高いヒアリングが出来るか、その後のタスクの分解が上手く出来るか、そしてドキュメンテーションのスキルがあるか、等の面に置いて高いレベルが日々求められる事になります。

しかし、しっかりと目的・目標を持ってコンサルに入社すれば、優秀な方と共に仕事を行う、刺激の強い環境に身を置く事が出来るようになります。

「将来なりたい姿」をベースに、本当にコンサルを目指すかどうか考えてみて下さい。プロに相談したいという方は、是非一度当コラム最下部のご相談フォームからお問合せ下さい。

「価値観」「なりたい姿」をベースに、コンサル業界に特化したエージェントである当社ASSIGNが無料でご相談に乗らせて頂きます。

 

コンサル未経験でも対策次第で中途入社は十分に可能

コンサル未経験だったとしても、しっかりとした情報収集と対策を行う事でコンサルファームに転職する事は十分に可能です。

はじめに、あまり知られていない事ではありますが、コンサルのポテンシャル採用は26歳がデッドラインだということを認識しましょう。代表的な理由を2つご紹介します。一つ目は、コンサル業界で活かせるスキルや知見の無い方を採用するのであれば新卒採用をした方が良い、という理由になります。また、企業に3年以上在籍するとその会社での仕事のスタイルや社風に染まってしまうと考えられており、入社後のミスマッチが起こる可能性が高まります。そういったリスクをヘッジする為にも、ポテンシャル採用の年齢上限は26歳として考えられています。

しかし、コンサル未経験でも29歳まではチャンスがあると考えて良いでしょうか。しかしその場合は、コンサル業界で活かす事が出来るスキルや業界知見、その他にはSAP等の特定ソリューションに携わった経験がある事が必須になります。こういったあまり知られていない情報についても当社ASSIGNは保有しておりますので、是非一度以下のご相談フォームからご連絡下さい。