コンサルティングファームの面接を徹底的に対策する


当コラムでは、コンサルティングファームが面接で重視する点についてご説明していますので、コンサルティング業界を志望されている方は是非ご覧下さい。

「面接で良い受け答えが出来た」という方でも面接で不合格となっている方は多数いらっしゃいます。そういった方はケース面接の対策はしっかりと行っていらっしゃいますが、その他の「コンサルティングファームが重視する点」の対策を蔑ろにしてしまっていたケースが非常に多いです。

ケース面接の出来が悪かったとしても、論理的思考力は後から伸ばせるだろうと、その他のコンサルタント適性が認められて合格になる方も少なくありません。

コンサルティングファームの全選考で抑えるべき共通ポイント

コンサルティングファームが選考で重視するコンサルタント適性は大きく分けて「ロジカルシンキング」「コミュニケーション力」「体力&精神力」「プロ意識」の4つです。

早速ですが、それぞれについてご説明していきます。

ロジカルシンキング

ご自身が経営者でもない限り、経営課題の解決に取り組んだ経験はないでしょう。また、世の中に全てが全く同じ企業は存在しない為、クライアントが抱える課題も内容も十人十色です。

そんな中で、コンサルタントは物事を論理的に考えて課題を解決していきます。コンサルティングファームの選考でもこの能力を中心に見ていきます。

訓練によって伸ばす事が出来る能力ではありますが、何の対策も無しに通過できる程コンサルティングファームの採用は甘くありませんので、しっかりと対策を行いましょう。

関連書籍なども多数出版されていますので、一度ご覧頂くと良いかもしれませn。

 

コミュニケーション力

コンサルタントは基本的にチームで行動を取ることになります。

そしてクライアントは勿論のこと、チームメンバーとも常にコミュニケーションを取ります。また、担当するプロジェクト毎に関わるクライアント・メンバーが変わってきます。そういった中でコミュニケーション能力が重要になってきます。

ここで言うコミュニケーション能力とは、クライアントおよびチームのメンバーが言っている事を正しく理解する力、そして相手に自分の考えを正しく伝える力のことを指します。

しかしそれだけでは十分ではありません。ただ理解して伝えられるだけでは、周囲の人たちは自ら望んで動きません。普段の言動・立ち居振る舞いといった、所謂人としての魅力も必要となってきます。

 

体力&精神力

当コラムをご覧になっている方であれば既に認識されている事かとは思いますが、コンサルタントという仕事は非常にハードです。

クライアントがいる以上納期もありますし、社外の方とも関わる事も非常に多い仕事です。

また、何百・何千万円という高い費用を払ってコンサルティングを依頼している訳ですから、中途半端なパフォーマンスは許されません。そして社内には優秀な人ばかり、身に着けられるスキルや経験出来る物は非常に素晴らしいものですが、肉体的にも精神的にもとてもつらいものです。

 

プロ意識

コンサルタントにとって、売り物は「自分自身」になります。

クライアントに対して何か特別な商品を提供する訳ではないコンサルタントには、強い責任感と圧倒的に高いパフォーマンスが求められます。プロジェクト完遂の為に自分には何が出来るのか考え、常に高い目標を掲げ続ける必要があります。前の項目でも記載しましたが、コンサルティングファームに依頼するのは非常に高い費用が掛かります。その金額相応以上のパフォーマンスを発揮できるよう日々努力し、より良い成果物を提示できるよう高いプロ意識を持っている必要があります。

 

最後に

4つの重要な要素には入ってはおりませんが、コンサルタントには「柔軟性」「素直さ」も非常に重要な要素になります。

ご自身で考えて選考の対策が出来る方は素晴らしく優秀な方ではありますが、是非当社アサインのコンサルタントの意見も取り入れて頂けるとよりオファーの可能性も上がると自負しております。

二人三脚で転職活動を進め、より良い選択を取って頂けるよう誠心誠意ご支援させて頂きますので、ご相談頂けますと幸いです。

より詳細にお聞きになりたい方は【1分】で登録可能ですので、
是非以下のフォームからご相談下さい。
業界に精通したコンサルタントがサポートさせて頂きます。