今では人気業界としても名高いコンサル業界。しかし、コンサル業界では面接で見られるポイントが一般事業会社と少し異なる点があります。そういった点を知らないまま面接を受けても残念な結果になってしまう可能性が非常に高いです。

当コラムではコンサル面接でのお作法について詳細にまとめていますので、是非ご覧下さい。

 

コンサル中途入社面接では聞かれる内容が決まっている?

コンサルティングファームへの転職面接では、面接官から聞かれることは大方決まっています。当項目では、よく聞かれる質問例を載せていきますので、是非事前に準備して面接に臨んで下さい。

 

・自己紹介(これまでの経歴紹介を含む)

・なぜコンサル業界を志望するのか

・なぜ当社か

・将来何をしたいのか

・どんな案件に興味があるのか

・最近関心のある領域は何か

 

面接では、コンサルタントの業務内容をしっかりと理解しているか否かが非常に重視されます。興味がある案件や領域に関して事前に調べておかなければ、合格はまず難しいでしょう。転職エージェントにヒアリングするというのも一つの手ではありますが、日頃からビジネス関連ニュースに対するアンテナを高く張っておきましょう。

 

コンサル面接を対策するのに本だけでは不十分な理由

最近では転職活動に関連する面接対策本などが多く世に流通していますが、コンサルファームへの転職となると、本だけでは不十分と言えるでしょう。

理由について簡単にお伝えするとすれば、コンサルの面接では「議論」を行う為です。型にはまった対策では歯が立たないでしょう。「なぜそう思うのか」「どうしたら良いと思うか」等について面接では深く質問される事が非常に多くなります。

こういった深堀される質問に対応する為にも、本だけではなくエージェントを上手く利用しましょう。エージェントと想定される質問に関してディスカッションを行い、しっかりと対策を行って下さい。

その際エージェントの選び方も非常に重要になるのですが、その点に関しては以下の関連コラムをご覧下さい。

【関連コラム】

コンサル転職成功へのカギと陥りやすい罠

コンサル面接の壁 ケース面接はエージェントと協力して対策する

先のコラムでも少し触れましたが、ケース面接もコンサル転職の関門の一つです。

当項目では、ケース面接についての考え方をお伝えしたいと思います。まず大前提として、ケース面接は「模擬プロジェクト」だと考えて下さい。よくケース面接は「面接官を納得(論破)させる事」が目的だと思っている方がいますが、それは誤っています。プロジェクトの目的はクライアントの成功ですので、コンサルタント同士の議論となればその目的は「良いアウトプットを生み出す事」です。つまり、論破する事は目的ではありません。コンサルタントであるならば、より良いアイデアがあるのであれば、それを採用すべきです。よって、ケース面接では面接官と議論することを意識して取り組んで下さい。

 

その他に意識して頂きたい事としては、「アウトプットの仕方も非常に重要」であるという点です。模擬プロジェクトですので、最後にはプレゼンテーションの時間が用意されています。プレゼンテーションをケース面接のシチュエーションに置き換えて言えば、面接官に自分の考えを伝える事です。プレゼンテーションには当然事前の準備が必要となります。

例えば、面接官に「15分間差し上げますので、その時間内で課題に対する解決方法を考えて下さい」と言われたら、15分後にはプレゼンの時間がやってきます。そうであれば、少なくとも最後の1分程度はプレゼン準備に時間を充てるべきでしょう。何をどのように伝えるか、それをしっかり練るだけでプレゼンの質は向上するはずです。

 

コンサル転職の面接は見られるポイントが決まっている?

コンサル転職での面接は非常に難易度が高い事で有名です。当項目では、面接の際に注意すべきポイント、つまり面接官が見ているポイントを記載していきます。

ケース面接等の対策も非常に重要になりますが、それは以下のポイントをしっかりと認識した上で対策していきましょう。

まずは「ロジカルである事」です。コンサルタントはとにかくロジカルさ、つまり話の筋が通っているか否かが大切になります。最近ではどのような業界でもロジカルシンキングと呼ばれていますが、コンサル業界では入社後もとにかく求められ続ける事になります。ちなみに、ロジカルに話す力は訓練で身に着ける事が可能です。面接の時だけでなく、日常のビジネスでも、ロジカルに話す事を意識するだけでもスキルは日々身に付けることが出来るでしょう。

そして、面接の対策に関して言えば、転職エージェントと複数回訓練をするのが良いでしょう。そして訓練の際はエージェントからあえて厳しめのフィードバックを貰い、改善を繰り返していきましょう。

次に、「コンサルタントの業務内容を理解している事」です。コンサルタントの業務内容を理解していなければ折角一生懸命考えたアピールも意味がありません。エージェントと協力しながら、コンサル業務に即した物を考えるようにしましょう。

そして最後に、当然ではありますが、コンサルティング業界への転職では事前準備が非常に重要になります。事前準備の具体例を挙げるとすれば、「コンサル転職の面接ではどういった点が重視されているのか」、「その重視されている点を対策するにはどうしたら良いのか」、等に対する情報収集や対策といった事です。

しかしながら、何が重視されているのかを知っているだけでは意味がありません。知っている情報をしっかりと面接の場でアピールする必要があります。

その為には練習は必須になってきます。独力でやるには限界がありますので、エージェントに聞いてもらってフィードバックを貰うのが良いでしょう。

「結論から話してください」「話が冗長になっています」、「『えー』という口癖を治しましょう」といった癖は自分で気付くのは難しい為、第三者視点からフィードバックを貰うのが非常に効果的です。ロジカルに話をしているつもりでも、緊張のせいもあって実は支離滅裂になっていた、といった事は珍しくはありません。

 

コンサルの面接での自己紹介の具体例と注意点

コンサルティングファームへの転職でも「●分程度で自己紹介して下さい」と言った形で自己紹介が求められる事があります。

それが1分なのか3分なのか、状況や面接官によって異なりますので、いくつかのパターンを用意しておくと良いかもしれませんね。ちなみに、自己紹介もアピールの場となりますので、練習をしておいて損はありません。録音をしてご自身で聞いてみるというのも有効な手ですが、やはりプロであるエージェントにも聞いて貰うのが良いでしょう。

以下に自己紹介の例を記載しますので、参考にしてみて下さい。

「Aと申します。20XX年に早稲田大学を卒業後、新卒で●●銀行に入行しました。入行後2か月の研修を終えて●●部へ配属となり、約3年半トレーディング業務に従事してきました。担当地域は●や●、その他にも●等です。付随する業務としては、●などがあります。本日はどうぞ宜しくお願い致します。」

 

コンサル面接の「短所」は答え方に注意が必要

コンサルティング業界の面接では「短所」が聞かれる事もあります。

嘘をつく必要は全くありませんが、気を付けなければならない点がいくつかあります。何でも思った事を伝えても良いという訳ではなく、コンサルティングファームで働く者として致命的な短所は面接官からしても好印象にはなりませんので、注意が必要です。

マイナスイメージを与えてしまう具体的な例としては、他責性、コミュニケーション力が欠けている、論理的に物事を考える事が嫌い等です。

面接官の立場に立って、今後チームを組んで共に働いていく事を想定した上で回答するよう心掛けて下さい。

また、短所を聞かれる際は、その短所の克服方法を同時に聞かれることもありますので、事前に準備しておくのが良いでしょう。

 

コンサル面接での服装マナー スーツの色には決まりがある?

コンサル面接では服装のルールは特にありません。しかし、注意すべき点はいくつかありますので、当コラムではそちらをお伝えしていきます。

コンサルティング業界の面接での服装のルールは「清潔感×信頼できる×プロフェッショナル感」です。どれだけ高級なスーツだったとしても、ヨレヨレだったり汚れていたりしていると印象は最悪です。また、ビジネスにふさわしくないような柄のものもオススメしません。コンサルタントは社外の方との関わりも多くなってきます。そういった時には、「信頼できるか」という点も非常に重要になります。

面接当日は、クリーニングされたスーツに、アイロンがけされたシャツ、常識的な柄のネクタイ、面接に適した色(黒や紺)のビジネスソックス、綺麗に磨かれた靴で臨むようにして下さい。爪などもきれいに切っておくことも忘れないで下さい。

また、時期やそれぞれの体質によるものにはなりますが、フケも注意です。面接前に必ず全身鏡を確認するようにしましょう。

 

コンサル転職での逆質問では質問のレベルが見られている

コンサルファームの面接でも転職希望者から質問する機会があります。「気になる事があれば何でも聞いて下さい」と問い掛けられる事が多いです。

しかし、コンサル転職では質問のレベルが問われる事になりますので注意が必要になります。質問のレベルはレベル1からレベル3に分類される事になります。

レベル1は、「気になる事を聞く」というものです。具体例としては、「御社は今後日本でどのような戦略で国内プレゼンスを上げていくのか」といったものです。

次にレベル2は、「自分の転職理由に影響するであろう事を聞く」というものです。例としては、「昇進スピードや人事評価はどのようなものですか?」といった質問です。例えば、転職希望者が現在在籍している企業にて年功序列制度が採用されていて、そこを解消する事が転職の一つの理由であった場合は、この質問はとても重要なものになります。コンサルファームでは基本的に無い事ではありますが、ここで、「昇進スピードに関しては、年功序列制を採用しています」と回答された場合は、その企業へ転職しても、幸せにはなりません。つまりこれはレベル2にあたる質問になります。

そして最後のレベル3は「コンサルの実態を把握したうえで、転職理由に影響する事を聞く」というものです。例としては、「最近のトレンドとしては新規事業案件が多くないと認識しているのですが、現在ある案件はどのような物がありますか?また、ファームの中でどのようなキャリア、スキルを持った方がそういったプロジェクトにアサインされていますか?」といったものです。新規事業をやりたいという転職理由に影響がある事に加えて、新規事業案件が多くないというコンサルの実態もつかんだ上での質問になりますので、面接官は、「情報を集めて、自分の意思決定に反映させようとしている」との印象を受けることかと思います。